しょこみんと☆占い

占いをやってます。毎日の運勢と、毎月の運勢をやってます。

ヘリコプターマネーを読んだ

井川智洋さんのヘリコプターマネーを読んだので、まとめ&考えたこと。

ヘリコプターマネー

ヘリコプターマネー

まとめ

考えたことなど


政策、ベーシックインカムをどうするか。。

一律月30万を国民に配ると、ハイパーインフレになるのか、というのが、ずっと懸念してることなんだよね。
国民は、企業の商品を買うことで、配られたお金が、企業に集まる。
企業は集まったお金を、税金として国に収めることで、配ったお金が回収される。

政府紙幣を発行するのか、それとも日銀に国債を買わせて手に入れた日銀券を配るのかは、どっちでもいい。
本質的にはどっちも変わらない。
というか、日銀は政府支配下に置きたいと考えてる。
分離してる意味はないと思うんだよね。。

この井上さん的には、政府の一般支出はこれまで通り税金から払い、BIはヘリマネと税金のコンビネーションを考えてるみたい。
私的には、政府の借金は別に返さなくてもいいとかいう経済学者もいるくらいだから、一般支出もBIもすべてヘリマネで賄ってしまえばいいや、と考えてた。
企業から税金とるのは、市中に出回るお金をコントロールするため。

まあ、実験してみないと、何がベストかは分からんよね。
30万も配ったら、誰も仕事しないんじゃないかって懸念もあるけど、これは実験できる。
けど、ハイパーインフレが起こるかどうかというのは、実験できないんだよね。
いきなり30万配るのではなく、少額から初めて、徐々に増やしていけば問題ないか。