しょこみんと☆占い

占いをやってます。毎日の運勢と、毎月の運勢をやってます。

小泉進次郎のホロスコープ

小泉進次郎、1981/4/14生まれ。

火のグランドトラインを持ってる。
ビジョンを持ち、それに向かってひた走る人。
正義もプライドも勇気もあって、裏表もない。

ただ、地のエレメントがないので、ビジョンを現実化できるかというと、疑問符がつく。
気持ちだけ、掛け声だけにならないように、気をつけたい。

水のエレメントにいるのも天王星だけ。
馴れ合いもできないだろうし、癒着なんかとも縁遠い。
政治家として、それが吉とでるか凶とでるか。
政治家としてトップに立つには、支持者が必要だから、他の政治家たちや有権者たちと繋がらないといけないから、ある程度の癒着は必要不可欠にも思える。
癒着ができないのであれれば、火のエレメントの性質の、義理と人情で繋がることはできるかもしれない。

風のエレメントもないので、思索するのなんかも苦手で、計画性、ビジョンを実現させるための戦略などにも欠く。
愚直な行動だけが、彼の人となりを決定づける。

手を細々動かす仕事は事務屋に任せ、政策なんかも周囲のブレーンに任せ、自分は表に立ち、毎日のように野党やメディアとの戦いに明け暮れるって感じの政治家。
天職ではあると思う。

牡羊座に固まってる個人天体たちと、冥王星オポジション
この冥王星は彼の所属する自民党を表してるのかなと思う。
周囲を見渡しながら意見をいい、党を運営し、政略で動く自民党は、正義を志す彼とは対立するところがある。
が、目的達成のためには、そういう自分とは異質な自民党をも使ってしまうような、手段を選ばないようなところもあるのかもしれない。

ビジョンといってもいろいろあると思うんだよね。
西洋占星術的には、ビジョンは世代に共通なものなんだけれども。
彼は射手座海王星なので、自由と正義、かなと思う。
自らが束縛されたくないから、自由を求める。
でも、なんでも好き勝手やりたいってわけじゃない。
各自が哲学、ポリシーを持って、自立して行動できればな、ってことなんだと思う。
全人類の哲学、ポリシーの最大公約数が法律なわけなんだけれども、本来は、ないほうが理想だと思うんだよね。

彼の恋愛は、火のエレメントばかりなので、色気がないし、火のエレメントの中でも特に牡羊座に集中してるので、自立心が強く、女性を必要とする要素がないかもしれない。
さらに、冥王星と個人天体が対立してしまっていて、男女2人きりの秘めた関係というのもあまり好きじゃないのかもしれない。
ただ、政略結婚というか、結婚が仕事に有利だってなったら、あっさり結婚するかもしれない。
相手には事欠かないだろうしね。
相手にもよるかもだけど、受け身の要素もゼロなので、基本、彼が主導ってことになる。

他に結婚のポイントとしては、獅子座の月なわけだけど。
獅子座の月はちやほやされたいので、彼を褒め称えることのできる人だったら、近くに置きたいと思うかもしれない。
女性にありがちな、優秀な男を惹きつけてる私ってすごい、とか、そういう虚栄心を持っているような人はダメで。
女性って結構、自分はパートナーである男性より上にいたいと思ってしまうところあると思うんだよね。
こんな優秀なパートナーを支配できてて私ってすごいみたいな。
パートナーを通して、承認欲求を満たすというか。
なので、彼と同じく自分で仕事を頑張ることで満たされてるような人がいいのかなと思う。
同業者がいいのかもしれない。
まあでも、獅子座月も火のグラトラの一角なので、ちやほやされたい気持ちも、仕事で満たされちゃってると思うけど。。

あとは、蠍座にいる天王星が気になるところ。
この天王星が、生まれた時間にもよるんだけど(時間不明)、月とスクエアを形成してる。
主にプライベートで、誰かにおとしいられる暗示の星の配置なのかな、、と思うけど。
この天王星が結婚のポイントなのかもしれないとは思う。
彼のプライベートを乱す存在。
けど不穏な感じ。
プライベートで刺激を求めるようなことは、控えたほうがいいのかもしれない。
火のグランドトラインで順風満帆の政治家生活、それに汚点を残すような感じ。

小泉進次郎 結婚」で検索したら、彼と結婚したい女性たくさんいるみたいなので、彼の結婚の可能性もちょっと考えてみましたとさ。