しょこみんと☆占い

占いをやってます。毎日の運勢と、毎月の運勢をやってます。

2018/1/14の運勢

去年10月頃頃からやってきたことに対する総まとめみたいなことができればいいかなと思う。
やってきたことを眺めて、今後の見通しを立てる。
どうやって今までやってきたことを使って、自分の人生に革命を起こすのか、自分の居場所を確保するのか。
今までやってきたことというのは、単にそれが得意だから、それが好きだから、なんとなく興味あるから、なんとなくしなければいけないことだと思ったから、などが原動力だったと思うんだよね。
採算性度外視、具体的な職業に結びつけよう、などという意図はなかった。
でも、今、何らかの成果がでてきていて、社会的な序列に組み込まれようとしている。
例えば、あなたが絵を頑張って描いているのであれば、社会に置いて、自分の絵がどの程度のレベルなのか、把握しつつある。
では、あなたは、今後その画力を持ってどうしたいの、ってことかなと思う。
既存の社会的役割にとらわれずに、考えていけたらば、いいのかもしれない。
自分専用の、新たな社会的役割を作るということだね。

まあ、問題はいろいろあると思う。
束縛を嫌って自立しようと起業したら、今度は自分が従業員を束縛するはめになってしまった、とか。
1人で何もかもやれると思っていたのに、やっぱり仲間を募り、組織化する必要がでてきてしまったとか。
個人事業主で自由にやれると思ったら、クレカ作るのがハードモードだったり、個人事業主には発注できない会社があったりとか。
旦那に家事分担を求めたら、夫婦関係という一種の組織が上手くいかなくなってしまったとか。
1人でやってくために、新しいサービスを自力で作ろうとしてるんだけど、それを社会に埋め込もうとすると、高コストになることに気づくとか。
社会も一種の組織と捉えられるし、生きている以上、逃れられないものなのかもしれない。
それをまざまざと実感する時なのかもしれない。

個人と組織の間には、どちらかをとれば、もう片方が立たずという、対立構造があるんだけれども、それは表面化する前に、経済的な事情で決着がつくのかもしれない。
実力のある人だけが、個人でやっていく、という選択肢を選べるのかもしれない。
当たり前のことではあるんだけども、ほんと、世知辛い世の中です。