しょこみんと☆占い

占いをやってます。毎日の運勢と、毎月の運勢をやってます。

2018/4/13の運勢

牡牛座金星と蠍座木星が緩くオポジションなので。
やるべきことはあるんだけど、楽な方に流れてしまったりとか。
目先の欲を満たすために、目標をないがしろにしてしまったりとか。
お金、地位、名誉、物欲。
大変わかりやすくてよろしい目標なんだけれども、単にそれを目指すだけでは、勝ち抜けないのかもしれない。
今の蠍座木星も、それら物質的ゴールを目指しているんだけれども、物質的ゴールは、自分がどれだけ評価されているか、という指標にすぎない、手段にすぎないと思うんだよね。
自分の専門分野や社会へのコミット、それが先にあって、必然的についてくる物質的ゴール。
好きなことやっていられれば、お金も地位も名誉もいらないじゃなく、好きなことをやるし、その好きなことで地位も名誉も獲得してみせるという気概、高い目標意識が、蠍座木星を味方につけるポイントかなと思う。
もちろん、簡単にはいかないです。
そもそも蠍座は本質的に凶座ですからね。
高い目標がゆえに、簡単には手に入らない。
安易な幸せをえて人生ごまかすくらいなら、不幸に浸っていた方がマシ、の星座。

で、明日は、そのゆるいオポジションが、魚座月により調停される。
面白いこと思いついたりして、目標へ向かうのが楽になるのかもしれない。
例えば、絵の練習のため模写ばかりしていて、はっきりいって苦行なんだけれども、ちょっとした工夫で、面白くなったりとかね。

その調停の前に、魚座月は、海王星コンジャンクションするので。
しかも、山羊座火星・牡牛座金星とはセクスタイル
仕事頑張って家帰ってきて「今日も働いたなあ」などと満足し、その仕事の成果、つまりお金を使って家でくつろぐ。
そういう当たり前の日常のルーティンに幸せを感じれる時かなと思う。
そういう幸せの中で育まれる、クリエイティビティ・ビジョン。
徐々にだけど、あなたの人生も、社会も、よい方向へ向かっていけてるのではないかと思う。
不幸と社会的成功は表裏一体、不幸こそが社会的成功への最大のモチベだ、なんて言われることもあるわけだけど(意訳)、もうそれも過去のものなのかなという感じ。